豊田修武館 
Toyota-Shubukan
 ホーム 
 稽古ブログ  
 上地流空手 
 稽古内容 
 活動記録 



2022年
1月 「沖縄上地流唐手道協会」から「上地流唐手道修武会」へ組織名の移行に伴い、
「豊田修武館」として再スタート。


2018年
9月 稽古場所を崇化館交流館へ移設

8月 第1回沖縄空手国際大会(上地流系の部)出場。(沖縄 那覇市)

7月 歌山隆聖館、東京本部、クラブの会員と交流稽古。

4月 上地完文翁の銅像除幕式に参加。(沖縄 本部町)
 有志による「完子和」を奉納演武

本部の八重岳(上地完文先生生誕の地を訪問。(沖縄 本部町)


2016年
6月 晩年の上地完文先生が出された道場跡地を訪問。(沖縄 伊江島)
 


2015年
1月 稽古活動場所を元町厚生センターへ移設


2013年
1月 和歌山隆聖館における記念交流稽古に参加。(和歌山 和歌山市)

パンガイヌーン唐手術研究所(昭和7〜21年)の写真(左)。
研究所跡地で80年の歳月を経て記念撮影(右)。
 


2012年
6月 総本部イベント(昇段審査)に参加。(沖縄 うるま市)
クラブで初の黒帯誕生、後に黒帯誕生が続く。



2009年
7月 トヨタ自動車株式会社(トヨタ会館 だんらん場所)で湘南修武館出身の
会員によって発足。 (前身:Toyota Karate Club)



Copyright (C) 2022 豊田修武館 All Rights Reserved